自分の体臭が気になっていた。

もともと私は多汗であり、学生時代はスポーツをしていたので常に汗をかいて服もびしょびしょであったと当時の友人や親に言われていた思い出があります。

薬用スクラボの口コミと効果を暴露!

特に当時の私はびしょびしょに汗をかいても服を着替えることはありませんでした。そんなときに高校の体育の際にある友人から脇の臭いを指摘され、からかわれたことで急に恥ずかしくなりました。その日以降から脇の臭いを確かめるようになり、ボディーシートで脇を拭いたり制汗スプレーで体臭対策をしていました。また、運動時に汗の染みついた体操着はそのまま着ずに着替えるなどしてなるべく清潔にしておくように心がけました。

特に夏の時期は外出して汗をかいて酸っぱい臭いが気になってしまうのでシャワーを浴び、エアコンの効いた室内にいるなどして湿気のある環境から遠ざけるように心がけていました。

それから年月も経ち、私も30代になりました。会社員として従事しているわけなのですが特に30代になって自身の身体からタンスの乾燥材のような臭いが漂ってくるのが気になり始めました。さすがにまだこの歳で加齢臭はないだろうと思っていたのですが、自身の体臭が次第に気になっていました。会社の同僚に自身の体臭を問いかけるのも恥ずかしくて相談できませんでした。

そんな時、体臭の対策として今でも出勤前はシーブリーズやミント系の香水を使用しています。体臭はさほど気にならなくなりました。