頭皮と髪の毛の変化があり不安を感じた際に対処した方法と現状

30代の後半に、急に頭皮にフケが目立つようになった経験があります。洗髪は毎日行っていて、清潔感には自信があったものの、目立つフケは止めることができずに、近隣で個人経営をしている薬局に相談に行きました。すると、フケをストップさせる液体状の薬があり、毎日の洗髪後に頭皮に塗り込んできた結果、フケは出なくなったので私としては一段落と安心した経緯があります。

プレミオールスターターセットのクチコミ!

ところが、その後、3週間程度が経過しようとしていたタイミングで、今度は髪の毛が大量に抜けるという現象に発展してしまいました。この時の抜け毛は本当に酷く、例えばバスルームで洗髪をした後には、首から背中にかけて大量の髪の毛が付着していたり、タオルで髪の毛を拭く際にも大量の抜け毛がありました。毎朝仕事前に新聞を読むのですが、床に置いた新聞紙にもパラパラと抜け毛があるという状況です。

流石に焦りや不安を感じ、当初はドラッグストアで販売されている抜け毛防止効果のあるシャンプーと育毛剤を人生で初めて購入しました。もう既に祈るしかないという不安感に襲われて、頭皮と髪の毛のケアだけではなく、休日には森林浴を兼ねて山林を散歩したり、家では逆立ちを何度も行ったりと、抜け毛対策に少しでも良い影響があることは何でも試した経験があります。

その時の季節は10月の秋だったのですが、このペースで行けば年明けには髪の毛が無くなるのではという恐怖感を感じながらも毎日のルーティンをこなしていく間に、11月の末には抜け毛は急速に減ることになったという経験です。現在jは10年以上が経過しているのですが、ネット上でも育毛関連の商品が多数販売されるようになり、育毛剤にだけお金を費やしていて、抜け毛対策は何とか抑え込んでいる状態です。

多分ですが、最初のフケが出た現象の時点で、頭皮や髪の毛の老化が始まったとかんがえていますが、私の場合は元々がボリュームのある髪で太くて硬い髪質だったので、現在は普通レベルの毛髪量に落ち着いたとも判断してます。抜け毛の本数も正常を保っているので、取り敢えずは難を逃れることができました。