むし歯・歯周病以外の口臭の原因について

口臭の主な原因はむし歯や歯周病ですが、他にも色々原因が考えられます。http://tabikyo.heavy.jp/

意外な落とし穴は口呼吸です。歯並びが悪くうまく口唇を閉じられない人や、鼻疾患で鼻ずまり起こしている人などは口呼吸によって口腔乾燥が起こります。そうなると唾液による自浄作用が働かなくなるために、口臭の元となる細菌類が繁殖しやすくなるのです。

その次は親知らずです。頭を出さずに歯茎の中に埋まっている親知らずは、周りに炎症を起こしやすく、抜歯しないと口臭が収まらないという現象があります。これは口の中を見ただけではわかりません。歯科医院でレントゲン診断を受ければ、口臭の原因になっているのか判断できます。

次に考えられるのは古い入れ歯を使い続けていることです。プラスチックは長い年月が経過すると、汚れが内部にしみこんで、洗っても清潔な状態にはならなくなります。保険のルールでは半年たてば新しく作り直すことができるので、1年に1度くらいは作りなおすといいでしょう。

同じプラスチックが原因の口臭としては、仮歯を入れた状態で長い間治療を中断している場合です。仮歯は柔らかい性質のプラスチックで作られているので、入れ歯より汚れが染みついてとれなくなる期間が短いのです。これは作り直すか治療の続きをやって、本物を入れるかで解決できます。口臭の原因は、むし歯・歯周病以外にもいろいろあるのです。