花粉症とシワ、、これさえしなければ!

小春日和なんて言われはじめる頃から始まる、私の花粉症。

つらい、ツライ、辛いんです~!

ととのうみすとはどの通販サイトが最安値?使用した効果やアラサー主婦の口コミなどを全紹介!

鼻水、鼻づまり、目の痒み、ひどくなると肌の炎症まで出てきます。

とくに我慢できないのが、目の痒み。

日中はメイクをしているので極力おさえていますが、メイクを落とした瞬間から、

こする、コスル、擦る~!

痒いんです。どうにも押さえられない、この痒み。

そうなんです、みなさんもご存知かと思いますが、お肌を擦ることは厳禁ですよね。

「シワ、シミ、たるみ」の原因になっていくという、恐ろしい現実です。

そ、それが、本当になってしまいました!?

私の花粉症歴はもう20年ちかくになります。

毎年こすっていたら……

まぶたのシワです!

40代になると、一気に現れはじめました。

頬のあたりは年齢相当だったとしても、まぶたは70代……。

乾燥した皮膚にできた深いシワに、その重なった皮膚にもこまかいシワも出てきました。

どれだけ化粧水で保湿をしても分厚く美容液をぬっても、深いシワは消えません。

それに目元ってお化粧のときにさまざまなメイクをしますよね。

アイシャドウ、アイライン、ハイライト、など。

それらをするとシワが目立つんです……。シワの影が出てしまい強調された感じに見えてしまいます。

(これは本人が気にしているため、余計にそう見えるのもありますけれど。)

いままで化粧品コーナーの美容部員さんやエステティシャン、眼科の先生にまで、なんども言われ続けてきました。

「まぶたは皮膚のなかでもとくに薄く、敏感でよく動く場所です。

こすったらシワになりますよ!」と。

今さらですが、実感しています。

人とコミュニケーションをとるときには目を見ますし、顔のなかでも目というのは印象に残ります。

そして今のようなマスク生活になると、表情って目元だけしか分かりませんよね。

このごろは黄砂も酷くて、目に痛みや痒みの症状がでる人が多いそうです。

擦ってはいけません!

擦る=シワ です。

どれだけ肌のお手入れに念をいれても、効果の高い化粧品をつかっても、

擦ってしまえばシワの原因になっていってしまいます。

みなさんもお気をつけくださいね。