油断してはいけない春の日焼け

マスク生活も長くなり、冬からもうすぐ春になろうとしています。乾燥でピリピリしていた肌も春が近くなり、少し落ち着いてきたかな…と思って油断していませんか?ベルミススリムタイツ

先日のことですが、子どもが顔を真っ赤にして下校してきました。走ってきたのかと思いきや夕方になってもほんのり温かいほっぺ。そうです、日焼けでした。

夏よりも日焼けに気を付けないといけないのがこの春の時期だそうです。日焼け止めを夏だけ塗ればいいんじゃないんです。この春の時期から塗らないと紫外線は容赦なく降り注いでいるんです。

うっかり日焼けした場合はどうするか?とにかく保湿して肌を落ち着かせてあげること。ローションパックをして落ち着けばそれでいいと思います。もし、市販の化粧水でピリピリするようなら皮膚科に行くことをおすすめしますよ。実際私も日焼けがひどく、皮膚科で処方された塗り薬をいただいた経験があります。さすが皮膚科、ちゃんとピリピリした傷みが収まりました。ひどい場合はステロイド剤が処方されることもあるようですが、ちゃんと使い方を守れば怖くないですよ。かえって自己判断で適当に手当てする方が取り返しつかないことになるかもしれません。

薄着になって春が待ち遠しいですが、今一度日焼けにはご注意くださいね。