辛いつわりと毎日の不安の先の幸せ

妊娠がわかったのは22歳の時でした。http://jrockx.jp/

ぼーっとする、微熱から始まり生理の遅れが決定打でした。

私のつわりは吐きづわりで、なにか食べたら吐くという毎日でした。

安定期直前まで続いたつわりは本当に辛く、体重も5キロ落ちました。また、この頃は胎動も分からないので、お腹の中でちゃんと心臓は動いているのか常に心配。今考えると何に対しても神経質だったと思います。

出産は破水から始まりました。37週、お腹の張りがあったので横になっていたら破水。尿漏れかと思いました。

破水だったのですぐ入院。コロナもあり、分娩室入ってからでないと立ち会いはできませんでした。

破水してから直ぐに陣痛が来たので流れはスムーズだったと思います、ですが陣痛、いきみ逃しはものすごく辛かったです。1人で耐えているあの時間は孤独だったし先の見えないゴールまで耐えられるかが不安でした。

出産は無事にいきました。元気な男の子でした。今は生後3ヶ月になります。

今はつわりの辛さも、陣痛の痛みも忘れました。

目の前の息子は本当に天使。とっても可愛い。

声に反応して笑ってくれる顔もうんちを踏ん張る顔も泣いた声も全てが愛おしいです。間違いなく、今が1番幸せ。

あの辛かった日々があって今がある。妊娠中は制限もあるし、不安もあるけど、心穏やかに1日1日を大切に過ごして欲しいです。

妊娠出産を乗り越えた世の中のお母さんは本当にすごい!

妊娠38週に、突然お腹や背中が痒くなりました。鏡で見てみると、小さな赤いプツプツが広がっていました。とりあえず家にあったクリームで保湿しましたが、治るどころかどんどん悪化していきました。

とても痒かったのですぐに先生に診てもらいたかったのですが、上の子の事もあり、次の検診が近かったので我慢することにしました。

ベルタママリズム

やっと明日検診日だという日に、今度は肋骨から背中にかけて激痛が走りました。

立っている時は平気なのですが、横になると痛くて眠ること出来ませんでした。その晩は、なんとかソファに座って、寝たの寝てないのか分からない状態で一晩過ごしました。

痒みと痛みでとても辛い夜でした。

痛みを堪えながら検診に行き、先生に相談してお薬が欲しいことを伝えました。

ですが、妊娠中の湿疹も身体の痛みも良くあることだからねぇ、予定日まで後少しだから頑張って!と言われてしまいました。

それから、出産まで地獄でしたが、無事元気な女の子が産まれました。

出産って、マイナートラブルから、妊娠による高血圧だったり糖尿病だったり、本当に色々なことを乗り越えて赤ちゃんは産まれてきてくれるんだなと痛感しました。

自分の母親にも改めて感謝の気持ちが溢れました。