乾燥肌は何故起こる?乾燥のメカニズムとは?

「スキンケアをしっかりしているのに夕方には乾燥してしまう・・・」
この時期は、肌の乾燥が気になる方が増えます。
冬は肌にとって非常に過酷な時期で、過乾燥状態に陥りやすくなります。

http://www.winvestify.com/

乾燥が進むのはなぜ?
健康な肌の角質層には、約20%~30%の水分が含まれていますが、これが、20%以下になった状態の肌を「乾燥肌」といいます。肌がつっぱるなどの自覚症状が現れてきたときには、肌の水分量は10%以下になっていることも。?冬に乾燥が進みやすいのには、主に2つの理由とは?

湿度の低下?外気の湿度の低下
肌の乾燥は、湿度に大きく影響を受けます。
肌にとって最適な湿度は、65~75%だと言われおり、湿度が50%以下になると、角質層の水分が急激に蒸発しやすくなり乾燥が進みます。
特に外気の湿度が低くなるのは、太平洋側の地域です。日本海側は、シベリアの方から湿気を含んだ冷たい気団が降りてきて雪が降りますが、太平洋側は、高い山脈を越えて湿気を失った冷たい空気だけが吹き付けるので、乾燥した空気になります。
全国的に見て平均湿度が低い東京都の12月~2月は、平均湿度が60%を下回っていますので、乾燥に注意が必要です。

平均湿度が高い日本海側でも、冬は実際の空気中に含まれる水分量は少ないので油断は禁物です。
一般的に「湿度」とは、「相対湿度」のことです。和水蒸気量は気温によって変化し、気温が上がると多くなり、気温が下がると少なくなります。
気温が低くなる冬は飽和水蒸気量が少なくなるので、同じ湿度でも空気中の水分は少なくなります。
気温20℃で湿度70%の場合と気温10℃で湿度60%の場合を比べると、湿度は10%しか違いませんが、10℃の場合の空気中の水分量は20℃の場合の1/2ほどしかないため、気温が低く空気中の水分量が少ない冬は、顔などの肌を露出している部分は体温の影響で外気より温度が高くなります。そのため肌の周りだけ相対湿度が低くなり、乾燥を感じやすいです。

室内の湿度の低下
さらに乾燥が進む原因となるのがエアコンによる暖房です。
例えば、室温5℃で湿度50%の部屋を、加湿なしで20℃まで温めると、湿度が20%になります。
これは、部屋の温度が上がったことで空気中に抱えられる水分量が増えたのに、実際の水分量は少ないままで相対湿度が低くなってしまったからです。このようにして空気中に抱えられる水分量に空きができると、肌や髪に含まれる水分が奪われます。これが、寒い部屋を暖めた時に感じる「乾燥感」の正体になります。
部屋を暖房で暖める時は、加湿器を使ったり、濡れたタオルを干すことで、十分に加湿することが重要です。
また、温風が直接体に当たることも乾燥をさらに進めてしまう原因です。

循環の低下
身体は、寒くなると血液の循環を脳や心臓などの中心部に集め、皮膚への循環を減らすことで、皮膚からの熱の放散を抑えるため、体温の低下を防ぎます。
毛細血管は、肌の細胞に栄養と酸素を供給し、細胞から出た二酸化炭素や老廃物を回収しています。毛細血管の循環が低下すると、栄養や酸素が行き渡らず、肌の新陳代謝が低下し、老廃物が蓄積します。
正常な新陳代謝をしている角質層は、細胞が絶えず入れ替わっていますが、加齢や寒さが続くことで新陳代謝が遅れ、肌が自ら作り出す保湿成分が作られにくくなり、水分が蒸発しやすくなり、乾燥が進みます。
このように冬は肌にとって非常に過酷な時期で、過乾燥状態に陥りやすい季節です。

冬の過乾燥スパイラルを防ぐポイント
うるおいの蒸散を防ぐ
この時期の肌は、化粧水や美容液での保湿だけではすぐに蒸散してしまいます。うるおいを補っても補っても追いつかないのです。
保湿をしたら、必ず蒸散させないように、保護力が高いクリームで肌を守ることがポイントです。
それでも乾燥がおさまらない、ツヤのなさが気になるという方は、さらに保湿・保護の持続効果が高いクリームマスクを使用するといいです。特に皮膚が薄い目元や口元は乾燥がでやすい部位はしっかり保護することです。

内臓を温める
うるおいのある肌をキープするためには、スキンケアだけではなく、体の内側からメンテナンスも必要です。
冷たいものを多く摂取したり、ストレス状態が続いて内臓が冷えると、末端の血流が滞り、冷えや乾燥につながりやすくなります。冷たい飲み物は避け、のどが渇いたら温かい飲み物を飲むようにしましょう。ただし、カフェインは神経を興奮させるため、美肌のためにはカフェインを含まない飲み物をオススメします。
また、うるおいのある肌のためには、バランスのよい食事も大切です。肌のうるおいを保つビタミンAや血流を促すビタミンEや鉄分などを意識して摂取するのもポイントです。