歳を取って気になり始めた肌のこと

歳をとると、それまで気にしたことのなかった肌の悩みが、次から次に出てきます。毛穴に悩むようになった人も、多いのではないでしょうか。若いころは乾燥肌で皮脂が少なく、ニキビも特に出来ない肌だったので、毛穴の黒ずみや肌のざらざらも、特に気にしたことがありませんでした。なのに、歳を取ってからは次第に毛穴の黒ずみが気になり始めました。

レクレアのレビュー!

さらに何だか肌が滑らかではなく、ざらざらのような、ごわごわとした感触になっていることにも気づきました。初めは季節的なものかと思っていましたが、季節が変わっても解決しないので調べてみたところ、加齢による肌のたるみから来ていることがわかりました。肌がたるんだことにより、毛穴がしずくの様な形になり、黒ずみが目立ったり、ごわごわとした感じになってしまうようです。

キュッと頬を持ち上げると毛穴が目立たなくなる場合は、原因が肌のたるみで間違いないようです。特に顔の中心、ほうれい線の部分、鼻の横の毛穴が気になります。美白には気を付けていたけれど、毛穴の問題は手ごわくて、なかなか解決方法を見つけることは出来ません。加齢によるものなので、普通のケアでは追い付かないのでしょうけど。強くマッサージすると余計にしわやたるみの原因になるそうで、優しいタッチのマッサージでは効果を感じられず、マッサージで解決することは難しいです。頭のコリが原因の1つということもあるので、頭皮のマッサージやブラッシングも必要のようです。